FC2ブログ

いつもの思いつきでSGNへ、、、(ダナン→フエ)⑥

殆どのベトナムの鉄道、軌間が1,000mm。
つまり日本(多くが1,067mmの狭軌)よりも狭い。

多分、山沿いを走る路線が多いので必然的にそうなったんだろうなと。
勿論、山沿い=カーブが多い。
加えて、路盤が老朽化しているのか整備の問題なのか揺れ・騒音が大きい。
幸い、客車列車なのでスピードもゆっくり。

ただし、将来に向けては新規に鉄道の整備をしないといけないんだろうなぁ。
(基本的に単線だしね)


ここから「世界の車窓から」
IMG_a2412.jpg
単線なので通過待ちしたり、、、

IMG_a2414.jpg
海岸線を走り

IMG_a2417.jpg
海が見えてきた

IMG_a2422.jpg
農村を通り抜け、、、、

非常にゆっくりと列車は進む。
勿論、ベトナムSIMは3Gの範囲か、それすらも入らない状況。

だらだらと時間は過ぎていく。


ベトナムでの列車旅行で注意しないといけないのは「車内アナウンスが難解」な点。
英語アナウンスすらない(基本的に市中ですら英語表記は見かけない)
従って、到着時間を目安に「多分フエだな」と見当つけて降りることとなる。
IMG_a2424.jpg
何とかフエに到着。
ダナンからの観光客の殆どがここで降りる。
当方、タクシーを捕まえずに徒歩で向かう。
hue駅_宿
距離的にはこんな感じ。


IMG_a2425.jpg
途中の道端で、、、、毎日新聞、、、、大阪版を見つける。
今、内容を確認したところ今年の2月8日の新聞らしいけど。


で、宿に到着、、、、、と言ってもホステル。
しかし、ドミトリーではなく個室を確保。
したはず、、、、、、、、、、、、、。

ホテルの人曰く、「システム不都合でオーバーブック下っぽい、ごめんね」らしい。
あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

とは言え、今更宿を探すのも面倒。
4ドル朝飯つきのドミトリーを快諾する(個室は10ドルだったけど)。


通された、部屋には先客が2名程度、いずれも欧米系。
まだ、陽が高い時間、どうやら彼らは夜になるのを待っている様子だった。



続く、、、、、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヘモグロビンビンおやじ

Author:ヘモグロビンビンおやじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR