FC2ブログ

ハワイ珍道中⑪

UAのエンターテイメントで、、、、
IMG_4180a.jpg
これ、、、、聞いてみたかった。
この路線ではやってなかった。
次の機会に向けて英語の勉強しないと、


IMG_4181a.jpg
やっつけ軽食。
しかし、ビールは必須


で、無事に成田に着陸、で入国。
IMG_4185a.jpg
お約束の「YOU」な方もいらっしゃった。


ここから私鉄で品川まで母親と向かい、母親は大森の姉宅へ、当方は自宅へ向かう。


何とか無事に母親との旅を終える。


母親にとって喜寿にして初めての海外旅行。
当方にとっては、遅くなったが「形として初の親孝行」というよりも「(やっと)一人前の社会人」となれたのかと自信を持てた次第。
変だけど
スポンサーサイト

ハワイ珍道中⑩

空港の買い物もそこそこにUAのラウンジで朝食。

IMG_4171a.jpg

IMG_4172a.jpg
う~ん
う~ん

噂通りのショボさ。
パン・シリアル程度しかない。

ANAが「春に開設」らしいけれど、こいつが出来たらなぁ(しかし予想図みるかぎり微妙感も)(A380飛ばすからキャパ必要だし他のスタアラ勢もやってきそうだし、、、、、やはりショボいか)


で、朝食を済ませ、、、、、搭乗。
IMG_4173a.jpg
お馴染みの777-200。
IMG_4174a.jpg
(調べると)行きの機材よりは古いが(15年近くの経年機だったか)、直近で更新されておりモニター等新しくなっていた。


IMG_4182a.jpg
実はアサインされた席が「エコノミープラス」。母子ともにインボラされ感謝した次第。
それもあったか、母親が「行よりも帰りの方が早かった」と宣う始末。


IMG_4176a.jpg
で、やっつけ飯
IMG_4177a.jpg
デザート。

しかし、ビールにIPAがあったのが素晴らしい
しかも、旨い。
母も「機内で初めてアルコールを口にした」と。
母は、非常に慎重な性格なので行きの便ではビールすら口にしなかった。
しかし帰りの便、気持ちも楽になったのだろう。
いつもの国内線は737-800の単路機だけに「大鷲に乗った気分だね」と宣う始末。

続く、、、、

ハワイ珍道中⑨

いよいよ帰る日。


帰国便は現地10:35発、、、、「2時間前には空港に!」ルールを考えると8:30には空港着を目指したい。


しかも、空港へはThe Busで向かうつもり。
(親子二人で$5.5、シャトルバスなら$35、タクシーはそれ以上、、、、、Uberは母親連れなので避けたい)


なので、5:30には起床し、シャワーを浴びて最終的な荷造りをする。


IMG_4165a.jpg

IMG_4167a.jpg
これで「さようなら」。


チェックアウトも済ませて、宿付近のバス停から7時ごろの19番線に乗車する。

この日は、小雨パラつき肌寒い状況。
この時間帯は、出勤する方(夜勤帰りの方)向けのバスらしい。

いつも顔なじみのメンバーらしく老若男女が親しく挨拶・会話を交わしている。
車内は、空調が効いており、母はフリースまで着込んでいた。


車内の広告には「ザ・バスは人種または肌の色、出生地、性別、障害にもとづいて差別をせず、所得水準と社会的地位に関係なく、全ての地域社会に対し、公平な交通手段を提供しています」と日本語のものもあった(いろいろな言葉で)。
公民権運動でから産まれた声明かと思うが、老いた母とともに非常に心強さを感じた次第。


なお、空調の効いた車内、しかも路線バスなため時間がかかる。
母の手は冷えており、結構辛かったと思う。

時間がかかり、結果として8:30に空港に到着。
何とか2時間前に到着。


ここで、UAのカウンターでチェックイン。
実は、帰りの便も当初の予約(42J・42K)と異なり母子の席がバラバラにされてしまう。
流石に、カウンターの係員にお願いして隣の席に変えてもらう。
(UAでも係員に日本人の方がいらっしゃったのが幸い。しかも配慮していただき感謝)


出国手続きを済ませ免税店で最後のドル消費を図るけど予想外にショボい。
姪っ子の土産の調達不発という残念なオチになってしまう。

ハワイ珍道中⑧

お腹も満ちたので、アクティビティ開始。

本日のアクテビティは「買い物」
しかし親子ともに物欲はなし。

しかし、田舎コミュニティの恐ろしさorz
母の脳内では「誰にはxxxみたいなお土産を」とできているらしい、
しかも「80名」も。



まず、アラモアナショッピングセンターへThe Busで向かう。
しかし、アラモアナでは買いたいものは無く(個人的にはあったんだけど)、母親もバテ気味。
ここでは、姪っ子始めに「絵葉書」の入手→手紙を書く→投函までの一連のヤツを済ませる。

次に、隣の隣のブロックにあるホールフーズでトートバッグを数枚買う。

母は、ご機嫌斜めになる。
土地に慣れ始めたのか「バスの乗り場は近くにないのか」を連呼。
バテているのと、80名土産ばかりが脳内から離れない模様。

申し訳ないが、アラモアナまで戻って、近くのドン・キホーテで80人の調達を完遂させていただく。
IMG_4159a.jpg
スーツケースに入らないペースで買い込む。
遂には(当方の見知らぬ)特定の個々の名前を出して悩み始める。


田舎のコミュニティは恐ろしい。


何とか、無事に母親は調達できたらしい。


ホテルに戻ってベッドに潜り込み、明るいうちからウトウト。
IMG_4160a.jpg
晩飯は、ポキ丼
米がクソまずい。生炊け。
良くもまぁ客に出せるなぁ、、、、、という感じ。一応、ポキ丼では有名な店なんだけどね。


母も不満を言いながらも完食。


毎晩、缶ビール6Pを親子で3Pづつ飲みつつ微睡み、、、、、、翌朝へ

ハワイ珍道中⑦

3日目朝、、、、、。

昨日のガーリックシュリンプのニンニクがガツンと来たのか親子ともに眠れない夜を過ごす、、、、。
「寝たい」

しかし、、、、
IMG_4168a.jpg
ホテルのランドリーサービスのお値段がこんな感じ、、、、。
Tシャツ$7.4wwwww
そりゃデポジット$100とるわなぁ


しかし、親子の洗濯物を頼むととんでもない金額になるのは自明。
近くのコインランドリーへ行く。


IMG_4156a.jpg
洗濯$3で、20分程度。
乾燥は30分程度が宜しいかと。
なお、業務用は「どこかのホテルの方」が占領していた。

IMG_4154a.jpg
口コミでは壊れていることが多いらしいヤツ

IMG_4155a.jpg
洗剤は、東京から準備したヤツを投入。


1時間少々で乾燥まで済ませて部屋に帰る。
母親は寛いでいた模様。

明日はチェックアウトなので、荷造り準備をしたら10時くらいに。
部屋を出てワイキキビーチを散策。



丁度朝も遅かったこともあり朝食は朝昼兼用。

11時にウルフギャング
が開店するのでそちらへ。


客層の殆どが日本人

勿論Tボーンステーキとか若くない親子には無理。
白いシャツを着たウェイターさんが「本日のおススメ」の口上を述べる。
でも、、、、、、土地名物料理のロコモコに。

IMG_4157a.jpg
簡単に言えばハンバーグ丼。上に目玉焼き載せて。

ハンバーグは、日本のハンバーグみたく「柔らかくて・肉汁ジュウジュウ」系ではなかった。
粗挽きというかかつウェルダンなのか噛み応えあるタイプ。
肉汁より、赤身肉自体の旨味を噛みしめる感じだったか。

ソースはデミグラスソースなのだが乳クリームでまろやかかつこってり。
目玉焼きの黄身を割って肉につけて食べるのが至福。


喜寿の母も完食(ちなみに、この旅で母は1キロ以上肥えてしまったらしい)。




ハワイ珍道中⑥

で、そもそも無計画な親子旅。
特にツアーに申し込んでいるわけでもない。
炎天下のビーチにいるのも避けたい。

というわけで、The Busで遠出してみようと。

アラモアナショッピングセンターの北側バス停からノースショアへ向かう。
IMG_4150a.png
52番線だったか。
帰りもこのルートがよろしいようで、、、、、。、


向かう先は、ハレイワ
ウミガメを見ようと思いたった次第。

The Busは、5.5ドルで1日券を購入。
2時間弱の乗車でノースショア方面へ。
(ちなみに、冷房が効いているので注意)

IMG_4137a.jpg
無事到着。
ワイキキと違うのが、波が荒くサーファー上級者向けなのか。

IMG_4139a.jpg
カメはいなかった。orz



仕方ないので、ハレイワの商店街へ。
IMG_4143a.jpg
ガイドブックに載っているかき氷屋へ。

IMG_4144a.jpg

IMG_4146a.jpg
レインボーをチョイス。
色付きの甘いシロップをかけただけの、インスタ映えに特化したかき氷。


IMG_4149a.png
で、もうヤルことなくなりワイキキ方面へ。
で、乗るバスをミスり60番線で遠回りする羽目に。
(60番線もアラモアナショッピングセンター行き)
ハレイワ行きのバスで降りたバス停で乗って、60番線でもOK、でも52番線の折り返し地点で52番と接続があったのをミス)

仕方ないので、大回りでアラモアナへ。
これで、オアフ島の東半分を周回できたり、、、、。


IMG_4151a.jpg
アラモアナ到着も遅くなり、フードコートのガーリックシュリンプ
ニンニクが効いていましたが、エビ好きは母は喜んでいました。

IMG_4153a.jpg
なお、部屋に帰ってから呑みなおし。
これ幸いにIPA飲みまくりでしたが、、、、、

で、ニンニクが効きすぎていたエビのせいか、火照ってしまい眠れぬ夜に、、、、、あああああ


ハワイ珍道中⑤

ちなみに、中年な当方及び母は少々グロッキー気味。

初日の夜は外食せずに出来合いを買ってくること。
IMG_4110a.jpg
鮨とローカルIPA
(実は、東端側はABCストアくらいしかなく心細い、結局遠出して調達)


で就寝しましたとさ。



2日目
9時頃に目が覚めたか、、、、、、。
ホテル内のプールは既に活況。

シャワーを浴びて行動を開始する。

先ずは、朝食。
昨夜の晩飯調達の際に見つけたパンケーキ屋に突入。
(のちに日本にも出店しとるやないかとorz凹む)


流石人気店。列が凄い。20分待ちか
で、パイナップルのパンケーキとブルーベリーのパンケーキをチョイス。
IMG_4111a.jpg

IMG_4112a.jpg
これを母親とシェアすることにした。
しかし、大味&ボリューム満載。クリームとか追加したらとんでもないことになりそう。
近くの日本人カップルを見ると、2人で1皿をシェアしている。
これが正解かもね。
母親は、私より黙々と食べていたが完食できず。

IMG_4115a.jpg
ワイキキを一望


腹が満ちたらワイキキを散策(西端のシェラトンくらいまで)。
で、母親と写真を撮ったり、兄弟にビデオ通話したり、、、、。

と、近くにアイス屋さんがあるのを思い出す。
「早く閉めて」「決めてから開けて」などと至る所に注意書きがある。
IMG_4127a.jpg

IMG_4125a.jpg
で、マンゴシャーベットを食べる。


ほんの30分前にパンケーキを食べたばかりだけど母は黙々と食べていた。
確かにマンゴの味が濃い。風味も強いし美味しい。

と朝昼兼用食とデザートが終了となった次第。

ハワイ珍道中④

旅の本・ネットによれば、アラモアナで時間つぶしとか、、、、
(しかし買いたいものが無い、、、、)


先ずは、海を見に出かける。
IMG_4091a.jpg
目前のワイキキビーチを歩きながら、海の青さに母親が感激していた。

で、高齢の女性の水着姿を見て「実は、私も水着を持たされたんだよ」と呟く。
ヤル気なのか
まあそれくらい、気持ちが前向きなったという事。

流石に日差しが強いので水族館へ逃げ込む。
受付に日本人がいたのがありがたい。
日本人観光客が多いか、日本語・英語話せる人は引く手あまたのよう(募集広告を散見したし)。


ところ変われば魚も変わる
IMG_4094a.jpg
サンゴ、イソギンチャク、魚、クラゲ、、、、実に鮮やかである。
(基本的に、植物・生き物を見せておけばOK)母も楽しそうに見入っていた。

IMG_4095a.jpg

IMG_4096a.jpg

IMG_4097a.jpg

IMG_4099a.jpg
あと、地味なので撮らなかったけれど「タツノオトシゴ推し」な水族館
(HPを今さら見て「日本語お音声ガイドのサイト」もあったんだと発覚)


と、何とか昼食タイムくらいになる。


今回の旅で大変だったのが食事
何処で何を食べるべきなのか分からない。
そもそも入念な旅程などなく、さらにツアーとかも申し込んでいない。
(ツアーは、ゆっくりできないと母親が難色)

行き当たりばったりな場所で食事処をネットで探す。


で近くにハンバーガー屋があった。そこへ突入。
IMG_4102a.jpg
ハンバーガーなんてここ数十年食べなかったであろう母にもハンバーガー。
(ちなみにファーストフードなのに会計時にチップが求められる店でした)
ボリューミーかつ肉汁も適度で旨いヤツ。
で素ハンバーガー2個にチップ込みで19.13ドル。

レッドアイ+満腹もありホテルのロビーでウトウト(2時間)。
流石に母親に無理はさせられない。

で、15時チェックインをし部屋に
Qeen Kapiolaniのマウンテンビューな部屋(ツイン)。
IMG_4104a.jpg
こんな感じ。

IMG_4105a.jpg
窓からの風景(チョット予約サイトと違うような気がするが)

IMG_4106a.jpg
窓の外(ダイヤモンドヘッド)

IMG_4107a.jpg
海も見える

ここで暫く休むことに。

ハワイ珍道中③

ホノルル線の多くは朝着。
で、ホテルの多くがチェックインが15時以降。

つまり、、、、、
「機内で寝れなかったら」
「チェックインまでが地獄」

ということ。


で、残念ながら、機内で十分に睡眠をとることができなかった。ああああ
(そりゃそうだ、6時間のフライトで「食事2回」「熟睡」は無理)


で、入国審査を終え(以前より簡単になったね)てアメリカの地を踏む。

先ずは、ホテルに行って荷物を預かってもらうとワイキキへの足を探す。
当初は(15時までの時間つぶしも大変だと思い)The Busで行こうかと思っていて、アプリも入れていった。

しかし、最初はバス停が良くわからず、、、「本当にここでOKなの」と不安になったり。
しかも、バス停にはホームレスが鎮座しており(これはネットでも情報があった)嫌な雰囲気。
実際に、そのホームレスが乗車した際騒ぎになったようで運転手が助けを求めて空港内へ走っていったけ。


こりゃあかん。
The Busを締めてシャトルバスでワイキキへ行くことへ。

空港到着口にはシャトルサービスの呼び込みが多数いたので困らない。
大抵が1人16・17ドルくらい。

The Busが2.75ドルで1時間20分程度。シャトルは40分もかからないか。
早速カードで決済して乗り込む。

運転手は女性。
大きなスーツケースも運転手が出し入れする姿に母親が驚いていた。
こちらが気を使って自らのスーツケースを出し入れしようものなら「NO」と言われそうな勢い。
ここはアメリカ。


乗客のホテルを次々に周り、ワイキキ東端に位置する当方が最後。


チェックインまでホテルに荷物を預けて時間つぶしに。
この時点で10時くらいだったか。

チェックインまで5時間。


ハワイ珍道中②

当日、九州から上京してくる母親と羽田空港で合流し、そのまま成田空港へ。

IMG_4073a.jpg
羽田なう。

合流後、京急→都営→京成→スカイアクセス経由で成田空港へ。
IMG_4074a.jpg
いびつな、カウンターへの行き方。
これしか知らないけれど。


で、実はチェックイン前時点でトラブルを抱えていたり。
というのも、UA902の予約では44Jと44Kを確保して母と隣にしていた。
しかし、別々となっていたのが判明し、チェックインの際に窓口でアレンジしてもらおうと、、、、、、。
そもそもの原因は解っており、母親の1レグが羽田行きの便なので当方の同行者にはできなかったためであるかと。
(まあ、当方も羽田行きの便から予約してノーショウするって手もあったかもしれないけど流石にそれは)


何とか窓口でアレンジしてもらい36J・36Kとなる。感謝。


で、出国ゲートへ向かうのだが修学旅行生も沢山の大行列。
母は、それをみてゲンナリ。
早速「もう、帰ろう」的な弱音を吐き始める。

しかし当方スタアラゴールド持ちなので専用ゲートが使える。母親の機嫌も治り出国手続きへ。


今回、「出国手続きが簡素化というかいろいろ進んだという話」は色んな所で書かれているのでここでは省略。


出国手続きが終わったらラウンジへ。
IMG_4075a.jpg
母にシャワーを浴びてもらいラウンジ飯を確保。
ラウンジが母親にとってとてもよかったらしく、「今回の旅行で一番美味しかったのがちらし寿司」と宣う始末。
ちなみに、この日は3月3日でいつもの握り寿司サービスからちらし寿司の振る舞いとなっていた。


で、無事にボーディング。ボーディンググループ1での優先搭乗と母連れにとっては待たずに感謝。

機材はB777。N209UAなので1999年製。
大型機の主力であり、ベテラン。
IMG_4077a.jpg
別名奴隷船。

IMG_4083a.jpg
「奥さん見てくださいよ、この奴隷船具合」窮屈なやつ


準備OKなのだが、この日は天候も悪く離陸許可がおりない。
スクリーンショット (19)
何とか1時間15分遅れでの出発となった。


IMG_4079a.jpg
でやっつけ飯。チキンカツカレーみたいなやつ。日本時間で21時頃

IMG_4081a.jpg
やっつけ飯Ⅱ!!日本時間で25時頃(着陸1時間チョイ前だが)


母は、(現地でも)日本時間のみ認識しており、「深夜1時に朝ご飯なんて、、、、、」と愚痴を言っていた、、、、、、。


IMG_4086a.jpg
SIMを入れ替えて、、、。

無事に到着。

IMG_4087a.jpg
朝日がまぶしいぜ。


で、結局6時間少々のフライトだけど
「寝れず」その名の通りレッドアイ
クタクタで先行きが思いやられる旅のスタートとなった。

ハワイ珍道中①

そもそものきっかけは、過去にマイルランした際の「マイルが失効しそう」というところから、、、、、。


その際、外野の騒音のせいで母親との旅となり、ハワイとなる。
で、ANAの席は取りにくく結局提携のUAとなった次第


母は、元気であるが喜寿なのでそこまでアグレッシブな旅行は困難かなと。
一方で、現地で何かあったら対応が大変と、、、、、、。

結局3泊5日となる。これで日程及び飛行機便は確定。


そう決まると次に宿。
これが本当に大変でした、、、、、。



ホテル予約サイトで評判を探りつつ、、、、、そうなると悪いとこに目が行ってしまい結局動物園側の方の宿を予約してしまう。
(これは反省)


■ESTA
宿が決まるとESTAを登録。勿論母の分もそう。


■次に現地での回線の確保がやってくる
しかし当方の携帯はSIMフリー。従ってWifiよりは安SIMの確保がベターでして、、、、、。
IMG_4063a.jpg
何と、30日間・パケット8G・4G回線・100分通話付きAT&Tで1,480円という恐ろしいSIMを見つけた次第。
怪しさ満載だけど、こいつを当方の携帯と母親のiPadに入れればお互いの通信手段は確保できるかと(母はガラケー)。


■旅行保険
当方はカード会社の保険でカバーできるにしても、母親がカバーされているのかが大事だったり。
調べてみるとカバーは出来ない模様。
従って、母親の旅行保険をネットで探す。
喜寿で高齢者な母の保険、これが結構難しい。というのも年齢で保険料が上がってしまうケースが多いからでして、、、、。
で今回は損保ジャパンの保険が2,100円と手ごろなので手配。


■靴・散髪
流石にボロボロの靴だとアカンだろうと
IMG_a4047.jpg
あと散髪、、、、。これで恥ずかしくないかと


■ドル換金
カード決済で行きたいけれど、非常時(母親はカードを持ち合わせていない)及びルームメイクのチップに多少の現金$も必要かと
というわけで(一般的にレートが良いといわれている)大黒屋で300ドル程換金した。
(最終的には60ドルくらいは残ったけれど、それは慌ててドル消化を狙った後だったり。100ドルでも良かったかも)


そんなこんなが済んだのが旅の前日になっての事でした。

ロンバケ

高校の同級生が退職→就職の間の1ヵ月でイギリス旅行をしたいと話が正月頃だったか。

当方も本人を持ち上げたりしてトントン拍子でとうとう決行。

で、チケットの手配はSKYSCANNER大先生。
検索すると、マレーシア航空でNRT⇔KUL⇔LHRという便が良さそうな感じ。
ここらの話は、、、、コレとかアレで書いている。

当方も楽しかったので、Wifiの手配とか旅行保険の手配とかお手伝いした次第。


どうやら旅も順調らしく本人は余勢でローマへLCCに行かれたとのこと。
こうなると危険フラグが立ってしまう。アカンやつ


で、ローマからの帰りの便を乗り過ごしたとの連絡が、SNSでやってきた。
本人は当日中にロンドンに戻らないといけないらしい。
(因みに空港内にはいたけれど乗り過ごしたらしい)

ご本人、パニクッてしまい喘息とかなっていると、SNS経由通話で伝えてきた。

これは大変なので、良い便(安く・早く着く)を探し始めた次第。

IMG_a3996.png
何とLCCではなくBAがヒット。
しかも空港はロンドンシティだからロンドンにも近い。

でこれで無事に戻りましたとさ、、、、、、、


大したネタではないのにブログに書いた理由が↓
IMG_a4052.jpg
どうやら「感謝の気持ちをお土産に、、、、」ということらしい。


IMG_a4053.jpg
中身はビール。
瓶は、ローカルの銘柄らしい。苦味もしっかりと旨いヤツ。
タイガーは相変わらずのタイガー。帰国便で貰ったヤツを送ってきたとのこと。


ごちそうさまでした。

下北パトロール(2/2)

下北沢といえば駅とともに街の再開発が進んでいる地域。

駅前のバラック商店街は姿を消し、整備されていくのであろうか。

その下北沢のお祭りに「天狗祭り」がある。

天狗様の大お面が御開帳になるので毎年出かけていたのだが、、、、、
下北沢の真龍寺が小田原に移転されたらしく、跡地が更地になっていた。
IMG_a3926.jpg
これは今年駅前の会場に鎮座されておられる様子。


やはり寂しいものである。

IMG_a3932.jpg
お土産の天狗ストラップ

顔真卿(2/24)

近年、台湾故宮博物院の至宝が日本にやってくる機会に恵まれている。
白菜もそうだし、今回は顔真卿
国民党が台湾にもっていった中国の名宝。

「祭姪文稿」は中国の歴代の皇帝が所蔵したとのこと。彼らにとっては三種の神器みたいなものかもしれない。

政治的なものは抜きにして日本にやってくるのは嬉しい。
しかも、旧正月の時期も絡んでおり中国人の観覧者が非常に多いとの事。


職場の中国人の若者も鼻息を荒くしていた。
「習字のお手本にしていた」とか、、、、その割には綺麗な字とは言えないけれど。


というわけで、最終日に何とか間に合う。
IMG_a4042.jpg
で、、、、、
「平成館に入るまで20分」「お目当てまで80分」との事、、、、、、あああああ


行列の6割は外国人、その殆どが中国人。
やはり中国の至宝、しかも中国が輝いていた唐時代のもの。
奈良に唐の面影を求めて多くの中国人観光客が来ていたのを目の当たりにした経験もあり納得した次第。


「祭姪文稿」を観るのは、彼らにとって聖地巡礼みたいなものなのかもしれない。


IMG_a4043.jpg
で、中に入る。
展示は、漢字の発展から始まり、中国の名筆、そして顔真卿で最高潮に達し、影響を受けた日本の名筆。といった感じ。
しかし、行列が長く日本の名筆は断念。これは大失態

基本的に撮影禁止なのだが、お構いなく撮影をなさる方がいらっしゃったり、、、。
しかも、係員が「delate!」と要請したのに外国のご婦人が「NO」と声を荒げているような光景も目の当たりにした。

IMG_a4044.jpg
↑これは撮影オッケーなヤツ。

意外にも今回の展示で、中国の名筆で日本の美術館所蔵もかなり多かった次第(というか殆ど)。

まあ、「祭姪文稿」のために国内から集めたんでしょうね。

中国人からしてみれば複雑な気持なのかも知れないけれど、海外の収集家のおかげで散逸せずに済んだと考えれる事もできる。


で、「祭姪文稿」。
この短い文章を書く間でさえ、こんなに感情の起伏が表れているのかと。
当方、書は門外漢だけど非常に面白かった。

IMG_a4045.jpg

備忘飯2④

IMG_a4031.jpg
赤坂見附の西武ビルのイタリアン

今月は、「に肉好きな方」との昼食の機会が多かったのでいつにもなく肉食となった。
そうでないと、もり蕎麦で手を打ってしまうような当方、至極感謝した次第。

IMG_a4057.jpg
今、立ち食いそばで勢いのある「ゆで太郎」。名古屋錦でも見かけた。

備忘飯2月③

つづくぜ

でここからは名古屋出張の際の飲み食い、、、、、、、
IMG_a4017.jpg
安定のコメダ

IMG_a4021.jpg
味噌串カツ、手羽先、エビフリャーという名古屋飯3点セット

IMG_a4022.jpg
どーん。デカいが正義

IMG_a4023.jpg
味噌カツ

IMG_a4024.jpg
そうだ、名古屋コーチンも忘れてはいけない。


IMG_a4025.jpg
〆に台湾まぜそば。ニンニク抜きで、、、、ボリュームは凄い

IMG_a4030.jpg
新幹線ホームのきしめん屋

備忘飯2月②

しつこいけれど

IMG_a3976.jpg
神保町の天ぷら屋
IMG_a3977.jpg
米重視。天ぷらは意外と重たくない。


IMG_a3978.jpg
安定のねぎし


IMG_a3993.jpg
フォトジェニックな大勝軒のシューマイ定食


IMG_a4003.jpg
高島屋タイムズスクエアでのハンバーグ。
ここまでくると高級飯になってしまう。

備忘飯2月①

2月は仕事の都合上外食も多かった次第、、、、、、。
外食は基本的に自腹、、、、したがって気合を入れないといけないところであったりする。


IMG_a3922.jpg
シンガポールチキンライス。神保町の店。
やはり土地柄ボリューム重視。コメ重視。


IMG_a3925.jpg
選択肢が無いときの箱根そば。


IMG_a3950.jpg
八重洲の居酒屋ランチ。銀鱈焼き定食か何か。
居酒屋ランチは自らはなかなか足が進まない系


IMG_a3955.jpg
ソースカツ丼
これはこれでOKだけど、個人的には豚カツ定食で食べたい派。


IMG_a3970.jpg
赤坂見附の麻婆豆腐屋
結構辛い。
プロフィール

ヘモグロビンビンおやじ

Author:ヘモグロビンビンおやじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR