FC2ブログ

2月、泣いてどうするのか

扱いが適当すぎる、、、、、ああ

IMG_0623 (1)






今年は、閏年なんだし2月29日まであるんだぞと、、、。
29日は、「ニンニクの日」。
業界からしてみれば4年に1回。たまったもんじゃない。


2月もあと1日。気合をいれていきましょっ。



スポンサーサイト

男は、「誰トク?」な闘いをしなければならない時がある。

当方は、九州の南端で育った。

鹿児島、つまり薩摩原理主義者の巣窟。

〈参考文献〉
IMG_0622 - コピー
「史談と史論 下」海音寺潮五郎

薩摩原理主義、つまり好戦的で薩摩中心という価値観が刷り込まれている。



IMG_0605 - コピー
その薩摩原理主義者がこのようなものを目にする、、、、、、、当然逃げるわけにはいかなくなる。


納豆は嫌いではない。むしろ好きである。
だけど、10年に一度来るかもしれない「納豆を貪り食いたいという衝動」は、この日では無かった。

しかも、3パック100円程度の納豆。
どうみても、お店側の「赤字覚悟で、、、」的なフリはない。



男は、「損得を超えた闘い」をしなければならない時がある。



店内に入り、すぐに食べ放題を注文する。
IMG_0615 - コピー
どうやら、ご飯・味噌汁・生卵に納豆4種(大粒・小粒・ひきわり・その他)から選べるらしい。

その他」のリストはこんな感じ。
IMG_0616 - コピー
この日は、リストの全てがOKらしい。




でご本尊登場。
IMG_0617 - コピー
納豆は、上がひきわり、下がひじき。

味噌汁・米ともに美味しい。

で、肝心の納豆だけど、ひじきが自己主張するはずもない。納豆。普通に美味しい納豆。
ここで2パック食べたけど、この時点で一般的な1日の摂取量は超えている。

次に
IMG_0618 - コピー
上がごま、下がわかめ。
改めて、納豆の個性の強さを実感。

「もう充分だ」と舌も脳も反応し始める。


しかし、納豆リストを見せられた以上コンプリートしないといけない。


IMG_0619 - コピー
納豆は、上がきびで、下が大粒。
いずれにせよ、納豆の味しかしない。


で、この時点で気持ち悪くなる。
(納豆が胃の中の水分を吸収しているからかも知れない。)


心は折れ、最後に枝豆を注文する。
小粒は、「ごま・わかめ・きび・ひじきで食べた」という事で逃げる。
IMG_0620 - コピー
見た目も味も、普通の納豆。

辛かった。ああorz



で、一番美味しかったのは、、、、卵かけご飯
TKGガチ最強!!
だからと言って、TKG食べ放題は辞めて欲しい(これはさくら水産でできる)


で、コンプリートできなかったという心身ともにノックアウト状態で店を出る。
勝ち目のない戦いを何故したのか、、、、、、「そこに山があるから」





〈参考資料〉
IMG_0513 - コピー
すき家の朝定220円にとろろ120円を追加したもの

納豆の参考価格

シャープの話、あくまでも雑感

シャープが鴻海の下で再建を図るという話

どうやら派手なリストラして白物・液晶・太陽電池で収益をあげていく事なのかと思う。

報道では、主力行のみずほが債権放棄等を嫌がった影響が大きいとのこと

もう一方の産業革新機構は、銀行へも負担を求める内容。
そして、主力の液晶はJDIで競争力を維持し続ける考えだった模様。

いずれにせよ、シャープ幹部にとって甘みがあるのが鴻海。
それで決定!!!!!!

ただし(個人的には)商品の白物・液晶・太陽電池が飛躍的に売れるとは思えない。
(まあ、鴻海の下でリストラして筋肉質な体質で利益を計上する方向でしょうけど)



で、夕方にこんなニュースが飛び込んできた。
『シャープ、数千億円の偶発債務判明 鴻海買収調印保留=関係筋(ロイター)』


その額約3,500億円


巷では「やれ、粉飾だ」とか飛び交う。


ちなみに、「偶発債務(債務の保証係争事件に係る賠償義務その他現実に発生していない債務で、将来において事業の負担となる可能性のあるもの財規58条)」って財務諸表では注記する(つまり開示する)し、(例えば訴訟とかで負けそうな場合は損害賠償金を見積もって)引当金計上することになっている。


まずは、財務諸表(本表・注記)をみて、どのようなものが計上・注記されているかEDINETで確認した方がいいかもしれない

個人的に、偶発債務といいえば訴訟が思い浮かぶ。
「例えば、A社から特許侵害で100億円の損害賠償を提起された」場合。
A社の言いがかりで裁判で勝てそうな予想なら、賠償金を債務として認識する必要はない。
逆に、「必ず負ける」って認識なら100億円を債務として事前に認識する必要がある。
(「勝つ」「負ける」の間が推測になるので)

そうじゃなくても、重要なものは注記(こんな事があるんよ)することになるけど。


あくまで一般論だけど、企業買収をする場合って事前に相手の資産・負債のデューデリ(チェック)はするのが普通。
(数千億の案件で、締結後に、、、「実は隠れ負債が、、、」ってのは有り得ない)

これも憶測だけど、本当は鴻海側は守秘義務契約結んでコンサル部隊を送り込んで把握するぐらいじゃないかと思うんけど。

意外なのは、落札後「チョット待って」を鴻海側が言い始めたこと
しかも、「24日で偶発債務・評価のリストを入手したから待って」なんて、、、、、、


これから難癖あったりで、条件交渉が再開するような気がします。
メインバンクさんの出番のような気がしますけどね、、、、、。



いやいや、あれこれですけど財務諸表を無視する方が多いのはどうかと思ったり。。勿論それが全てではないですけどね。

のるかそるか

最近、筆不精ならブログ不精になってしまった。orz

で最近は取り急ぎすべきこともないので、区民プールに通う回数が増えた次第。
今までは、「1キロ泳いで残り時間をウォーキングする(1時間)」というペースだったのを「出来るだけ泳ぐ」事にトライしている。

徐々に距離も増えてきているのが嬉しい。

このように、体を動かすきっかけは「献血を拒否された」事だった。
というのは、先月献血に行ったら「血液検査の数値が悪いため、献血できない」と言うことになったもの。
数値=肝脂肪 
ああぁぁぁ

献血応募者の列からはじき出され、恥ずかしい気持ちで献血ルームから去ると言うプレイを味わうこととなる。

仕方ないので、積極的に運動を始めることにした。


幸い、効果があったらしく、先日無事に当方の血液を供することができました。


うまい棒を2本と、チョコレートのお菓子の包みを頂戴する。
うまい棒なんて口にするのは久しぶり(下手したら小学生以来かも)。
IMG_0613 - コピー


そういえば、当方の父親は学生時代に売血していたと豪語していたっけ。
「売血を生業している奴(というか売血の収入で博打をしていた)は、鉄粉を舐めていたけど、、、、」的な話だったか。

「売血」「値段」で検索すると結構いい値段だったんだなぁと思ったりする(400ccを病院へ納める際は18,000円なんてのもある)。


ちなみに、幼少期の当方が父親に「売血」の話を聞いたのは、「のるかそるか」という映画を視た際のこと。
田舎なので、映画は「2本立て」が普通。メインは「ドライビングミスデイジー」
これのおまけが、「のるかそるか」という、馬券で乾坤一擲の勝負をする話。
主人公の相棒の男はツキがなく、競馬場併設の売血場で得たカネで勝負するクダリがあったような。


そういえば、父親と「宇宙戦艦ヤマト」だったか「千年女王」だったか「銀河鉄道999」だったか観にいった際の同時上映が「ギャンブル大将」だった。
父親は「自分には博才はない」と常々口にしていたけど、確かにそのようだった。

ぶれない

ノーベル賞クラスといわれている「重力波の観測」


うどん県の新聞は、ブレずにこんな感じ。

奨学金というやつ

最近、奨学金関連の記事を読むことが多い。

学生時代は、バブル崩壊直後で家業が傾いていた頃。
都会の私立大学に進学したために、両親は綱渡りの金策をしていたと思う。
今思うと、申し訳なく思ったり、有難く思ったり、、、。

幸い、育英会からの奨学金・篤志家が運営する寮とかの助けもあり無事に卒業できた。
まあ、仕送りはゼロだし・学費を払ったこともあったのでバイトばかりしていましたけど、、、、。

(当然だけど)その奨学金の返済も今年中に終えるので迷惑をかけなくて良かったと思う。


で、本題。
奨学金の記事。ここ最近でこんな感じ。
「奨学金返せず自己破産、小倉北区の40歳フリーター 月収14万円「283万円払えない」」
「日本学生支援機構の利息収入は232億円――奨学金はサラ金よりも悪質」
「大学というブラックビジネス 人生のスタートから借金漬けになる学生たち」
「奨学金「貧困問題」、最大の責任者は誰なのか」
「お金ないから大学行けない 国立でも授業料年54万円、40年前比15倍」
などなど、、、、。

まあ、これから選挙権が18歳以上になるので、マスコミにとっては煽る材料なのかもしれない。
(実際に、最後の毎日の記事では「若者よ、声上げよ!」なんて言っている。)

ここで、奨学金悪者説が飛び交うことになってしまう。
「貸与とは借金じゃないか」「先進国の中では給付型が少ない」といった感じ。

勿論、給付型がが増えるのは好ましいけど、必ずしも日本学生支援機構がやるのではなく、個々の大学が別個に設定すればいい話。地元企業やOBから寄付を募ればいい話(例えば大学ではこんな感じ団体だとこんな感じ)。

個人的には奨学金に感謝しているのでそのような団体への寄付に関心があるけど、同じ寄付ならふるさと納税へ行ってしまうorz。
そこなんだよなぁ。

一年は「しゃぶれる」ヤツ

落語「親子酒」のまくらに「楽しかろうが」「悲しかろうが」「暑くとも」「寒くとも」、兎に角「お酒は欠かせない」ってのがある。
(勿論、当方はお酒は欠かせないものですけど)


当方にとって似たようなものとしては「プロ野球選手名鑑」。
シーズン前は勿論(この時期が一番楽しい)、シーズン中、ストーブリーグと殆ど一年を通じて余暇の御供になる。
で、本日「名鑑」を入手した次第。

IMG_0596.jpg
キャンプが始まった時期だけに新戦力の魅力が鮮やかに感じてしまう内容。
そうなると南の島へ行ってみたくなる次第。






折角なので志ん生の「親子酒」。
関東大震災の時は「酒が無くなるのでは」と奔走し、東京大空襲の中「酒がもったいない、死んでも死に切れない」と酩酊して寝入った酒聖。噺も立派です。

モーリス・ホワイト

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(EW&F)のモーリス・ホワイトが亡くなったとの事。


当方、70年代に生まれたクチだけど、物心ついたというか感化されたのは80年代。
したがって、70年代の文物が新鮮であったりして、非常に好きだったりする。


そんな中、EW&Fも当然のようにお気に入りになる。
初期のメインボーカルがモーリス・ホワイト(というか、殆どこの人)。


80年代は活動が停滞し、フィリップ・ベイリーがフィル・コリンズレッツゴー三匹じゅん「Easy Lover」に参加していたっけ。

90年代は、千年伝説で復活して、これをきっかけに来日コンサートしていたような思い出がある。


とにかく、個人的にノリはすこぶるよかった。好きだった。
1941年生まれ、殆ど私の母と同じというのもびっくり(40年前に「パデヤ~♪♪」って、さすがグルービー)。

ご冥福をお祈り申し上げます。

2/8:オバマ大統領のfacebookで追悼のコメントが出ています。



September


生麦生卵Let's Groove


Fantasy


Boogie Wonderland


Sunday Morning

久しぶりに運動する

4ヶ月前まで週末は区民プールで1時間泳いでいたけど、「耐震工事」とやらでお休み。

仕方ないので別の区民プールに遠征してもしっくりこない、、、、、、で、泳ぐ機会が減少。

で、久しぶりに泳いでみる。
上半身がすぐに疲れてしまい、息も上がってしまう始末。


休み休みダラダラと泳いで、何とか昔泳いだ距離に到達した次第。


これはマズイ。
(当方)40歳越えは、「体力の衰え」と「肥満」は容赦なく襲ってくる状況になっていると思っている。
と言うのも、ほんの1日でも暴飲暴食+1日中ダラダラの組み合わせで体重が増えてしまう。


最近は、気を使うようにしており、少し前まで72キログラムだったのが68キログラム代まで減ってくれるときもある。
折角、久しぶりに泳いだので、この習慣を生かしたい。

確定申告

当方、昨年退職したこともあり年末調整だけでは済まないグループ。


昨日になって、確定申告に必要な証憑が揃ったこともあり国税庁のHP「確定申告書等作成コーナー」で作成。
当方の所得及び控除関係は、悲しいくらいシンプルなので1時間もかからないうちに終わってしまう。

色んな意味で、、、、ああぁぁぁぁ。

でも、確定申告書等作成コーナーは非常に便利。
昔は、確定申告期間中に税務署に出掛け、「無料相談コーナー」で教えてもらいながら書いたっけ。
(今、思えば情けない限りな話ですけど)


実は、今年からは一応開業したという事にしている。
税務署に、「個人事業の開業届出」・「所得税の青色申告承認申請書」を提出し、会計ソフトを購入して青色申告に備える。


会計ソフトの設定も何とかクリア。
そこに入力するのは「事業主借」という勘定科目の仕訳ばかりで非常に新鮮。
あとは、数百円程度の領収書・レシート・出金伝票。

そのくせ、前職からの癖なのかファイリングはビッチリと整理している。
まあ、売上は無いのがアレですけど、、、、、、、、、ああ。


そもそも、「やる気あるのか?」というところからになります。

TOEICとやらを受ける

何を勘違いしたのか、勇み足で柄にも無い「TOEIC」というヤツを申し込んでしまった。


前回受験したのは、5年半くらい昔の話。本当に昔の話。
その前は、四半世紀くらい前に英検とかいうやつを受験したことがある程度。
前回から英語を勉強する気もなく、ダラダラ過ごしていたのでその頃より上達している訳が無い。


でも、7,000円支払ったのは痛い。
仕方なく、テキストを購入して勉強の真似事をしてみる。それも試験の直前だけ、効果は期待できない。


ヒアリングの壁が大きい。(特にイギリス人女性の会話が聞き取れないorz


で、「こりゃアカン」と判断。でも結局7,000円は払ったので受験する事に、、、、、ああ。


TOEICの試験って、どこかの学校みたいなところが会場となる。
当方の場合も某巨大企業の研修機関のような場所が会場であった。


IMG_0588.jpg
先日のアレ


開場時刻より30分近く早く現場に到着したので、ベンチに座って待つことに。
周囲の人は、皆が手に参考書のようなものを手にして最後の追い込みみたいなことをしている。
面白いのは、手にする参考書は皆個々別々なヤツ。つまり、定石はないという事。


中には、意図はよくわからないけど「ペーパーバック」を読んでいる人もいたりした。
(そういえば、日本史とか世界史でマニアックな論点を収めた「参考書」を試験直前まで開いている人が居たなぁ)


当方は、二日酔い(及び暴食の胸焼け)の影響もあったので、そこまでやる気は無くずっと座って待った。

で、開場。
で、試験。

IMG_0587.jpg

やはり、リスニングの出来がイマイチ。
(出来が悪く)とても酷い目にある。
後は、リーディングも時間がタイトなので、解き方が荒々。ケアレスも多そうな気がする。

ああ


反省。orz
プロフィール

ヘモグロビンビンおやじ

Author:ヘモグロビンビンおやじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR