FC2ブログ

下北パトロール

下北パトロール:休日の夕方に慌てて雑踏へ出かける事。特に目的も無いので、書店へ行き青木まりこ現象に従って用を足す場所)、街を一周し、コーヒーを飲む街。


20150928115455962.jpg
ランドマーク!!異常なし!!

以前は、代沢まで下りてスタバでコーヒーを飲んでいたけど、最近は混雑が酷いので街をさまよっていたりする。

コーヒーで一服したら、散策を再開し、本多劇場へ向かい、刺青屋の 「ジー」って音と説明できない匂いを嗅ぎつつ、喫茶店を素通りし、雑貨屋から、オオゼキへ抜け、北口を散策するのがいつものパターン。

その後、近隣の区民プールで水浴びし、時には鍼を打ってもらいに、時には銭湯へ行き、22時前には帰宅する。

パトロールしていると、有名人をすることも多い、女優さんが唐揚げを食べていたり、ゲロゲーロの相方が選挙運動していたり、コラムニストが居酒屋でくつろいでいたり、漫画家が駅前で読者と楽しそうに触れ合っていたり、ある日には同じ場所で漫画の朗読家が頑張っていたり、東京乾電池の役者さんが徘徊していたり、残念ながらカンパネラなピアニストは見たことない、、、。


で、最近パトロールで、上記喫茶店が急に閉店していたのを目の当たりにした。本多劇場ビル内の下北の老舗喫茶店(孤独のグルメにも出た喫茶店)。
店主の体調が良くないらしく、閉店した旨の張り紙。いつも店の前を素通りしているだけだったのが悔やまれる。
以前、この店に「ピントでピント」な写真家が寛いでいたのを見たことがある。テレビの画面でみたのと同じようなヨットパーカーを着ていた。

平成も四半世紀が過ぎ、昭和は消え行くものなのは当然だけど、やはり寂しかったりする。



追伸、満月でした。
IMG_0012.jpg
スポンサーサイト

秋葉へ行ってみた

先日、「こんなこと」ばかり考えていたけど、当方自身がアンドロイド端末を持っていないこともあり、母親にアンドロイド端末を押し付けるのも難しいかなと思い、中古のiPad mini2のセルラーモデル(ドコモ)で適当なヤツを探しに秋葉原へ。

011.jpg
秋葉原なう。

ここを訪れるのは、4月以来。妙な熱気にあふれている街だけにハードルは高い。

・ラオックスの前には、炊飯ジャーを抱えた旅行客
・ビラを配るメイドさん
・ラブライフのグッズを大量に買い込んでいる若者
・PCゲームのために最強の自作PC部品を探す人

まあ、とにかく混沌度合いが凄い。
でも、メイドさんはさておき、上の3つが秋葉原を支えているような気がしましたが。

こんな中、雑居ビルをハシゴするので異様に疲れる。
勿論、日常感じない熱気みたいなものにも押されてしまうのも一因。

お目当てのものは見つからず(というか結構強気なお値段でした)。
実家IT化計画は振り出しに。

ガンダム展

ヒルズ
六本木ヒルズ

数年前には「ヒルズ族」と称され、「勝ち組」なんて言葉の象徴のような場所。
当方にとって、日頃は決して近寄ることもない場所。

近寄った理由は、、、、、、。
004.jpg
これを拝みに誘われた次第。

1970年代生まれの人間にとっては避けられないのが「ガンダム」。
当時は、夕方の5時代は「NHK以外はアニメの時間」と相場が決まっており、なかでもガンダムの人気は凄かった。

展示は、主に「1年戦争」(機動戦士ガンダム)に関する、製作資料。
日本のアニメーションの象徴というべきものだけに、その価値は非常に高い。

しかし、当方は高所恐怖症。ハコは、52階。人生で、もっとも高いところへ上ったことになる。
高速エレベータの加速で足元が「フワッ」という感覚を覚えると、膝がガクガクしたまま、脳内は「ヤバイなぁ」を連呼している。
根拠はないけど、とても怖い。
なるべく、外の景色を見ないようにして、鑑賞をはじめる。

005.jpg
ガンダムさん。頭部の装飾物が「観音」っぽいということから個人的に「ガンダム人気=観音信仰」と思っている。
(「ガンダム」「観音」で検索しても特にヒットせず。当方の勝手な思い込み)

兎に角、あの当時にもかかわらず、時代の設定・キャラクターの設定・モビルスーツの設定等の作りこみが凄かった事に感嘆のため息をついてしまう。

006.jpg
幼い子供たちが「犬死」という言葉を覚えたヤツ

007.jpg
こういったプラモを使ったジオラマもあったり。

そうそうガンダムは、プラモデルに対する影響も大きかったっけ。というか、バンダイのガンプラがバカ売れしたのが凄かった。
当方も、1/144スケールのガンプラを買ったっけ。
でも、当時田舎在住だったこともありなかなか欲しいガンプラが手に入らず、、、、、、。

008.jpg
仕方ないので(他に買えるものも無いので)、「ザクレロ」を買ったっけ。子供心ながら微妙だったなぁ。
(他にも、「ビグロ」「アッザム」「ゴッグ」「ゾゴック」「アッグガイ」「ジュアッグ」「ゾック」あたりで同じような気持ちになった70'Sは、かなりいたと思う。というか大人への通過儀礼みたいなものだった)

で最後は、
009.jpg
仏頭を拝んで終了。

満足したら直ぐに地上に降り、高所からも解放した次第。

ふるさと納税(米)

しまったことに、「ふるさと納税」の存在を失念していた。

簡単に言えば、住民税の2割までを地方自治体に寄付すると翌年の住民税がほぼその分減額されるもの。
その代わり、地方自治体から返礼品(特産品)が贈られてくる。

確かに、返礼品が非常に魅力的だったりする(返礼品サイト)。

ただし、特産品だけに「食べ物」がメイン(返礼品にPCなんて自治体もある、、、)。牛肉1キロ送られてきても、自炊をしない当方は非常に困ってしまう。だからといって使い勝手のよい「金券」はなし。


仕方ないので、実家に連絡してリサーチをする。そうなると「米でいいじゃないのか」・「月の消費は10kg程度」との回答。
じゃあ、(ブランド米の知識は無いので)1万円あたりのふるさと納税で米何キロ貰えるかを調べてみた。
(「質より量」という訳ではなく、寄付を受ける地方自治体の実入りの判断により良質のものを大盤振る舞いしていたりする)

どうやら10Kg /1万円が多く、それを目安にすると......

埼玉県羽生市:15Kg /1万円
茨城県境町:15Kg /1万円
埼玉県白岡市:12Kg /1万円
宮崎県都城市:15Kg /1万円
山形県米沢市:15Kg /1万円
北海道北竜町:13.5Kg/1万円
高知県佐川町:12Kg/1万円
山形県遊佐町:12Kg/1万円
山形県鶴岡市:15Kg /1万円
兵庫県宍粟市:15Kg /1万円
茨城県古河市20Kg /1万円
長野県伊那市:15Kg /1万円
岡山県総社市:12Kg /1万円
高知県奈半利町:13.33Kg /1万円
北海道秩父別町:15Kg /1万円
山形県寒河江市20Kg /1万円
岐阜県大垣市:1.2Kg /1万円
岡山県備前市:15Kg /1万円
高知県田野町:12.5Kg /1万円
山形県最上町20Kg /1万円
京都府亀岡市:16Kg /1万円
山形県天童市:15Kg/1万円
山形県村山市:15Kg/1万円
香川県東かがわ市:16.67Kg/1万円
兵庫県神河町:15Kg/1万円(玄米)
高知県大月町:15Kg/1万円
長野県池田町:15Kg/1万円
高知県室戸市:12Kg/1万円
秋田県大館市:15Kg/1万円
茨城県坂東市20Kg/1万円
岩手県雫石町20Kg/1万円
長野県飯山市:15Kg/1万円
宮城県白石市:12Kg/1万円
三重県玉城町:15Kg/1万円
長野県小谷村:13.3Kg/1万円
千葉県いすみ市:15Kg/1万円
北海道新十津川町:12Kg/1万円
高知県中土佐町:15Kg/1万円
千葉県野田市:15Kg/1万円
鳥取県北栄町:12Kg/1万円
千葉県勝浦市:13.5Kg/1万円
山形県尾花沢市:15Kg/1万円
静岡県磐田市:13.3Kg/1万円
栃木県高根沢町:15Kg/1万円
千葉県栄町:15Kg/1万円
滋賀県多賀町:15Kg/1万円
滋賀県甲良町:15Kg/1万円
福島県広野町20Kg/1万円
千葉県鋸南町:12Kg/1万円
埼玉県幸手市:15Kg/1万円(※玄米なら17Kg)

(加筆:別のサイトでもふるさと納税を扱っているので加えてみる)
神奈川県南足柄市:15Kg/1万円
福井県小浜市:12Kg/1万円
千葉県勝浦市:13.5Kg/1万円(玄米なら15Kg)
茨城県土浦市:15Kg/1万円
佐賀県嬉野市:12.6Kg/1万円
岡山県津山市:15Kg/1万円

こんな感じです。かなり、ざっくり調べたので漏れがあったり、間違えがあるかもしれませんorz。

まあ、実家も私も昭和人。「米があれば何とか、、、、、、」なので米でいこうかな思ったり。

タブレット考え中

先日、個人用のタブレットを購入した際、「実家にも1台贈ろう」なんて考えた次第。

そうなるとネット環境が無い実家だけに、ネットの接続まで手配する必要があったり。
想定される使用は、「ブラウザ閲覧」+「webメール」+「孫とのビデオ通話」。

結果「sim free」+「格安sim」という組み合わせになる。
(白ロムも考えたけど、やはりハードルが高いので断念)

安くしたいので、「andoroid端末」かなぁ。
価格com」で探したら7~8インチのタブレットが2万円前半からあったり(レノボとかHuaweiとかASUSとかNECとか、、、、)。

しかし、ネット上の口コミとか読むとトラブルが大変そうな印象を受けたり。
そうなると、トラブル対応とか使い勝手とか70歳超えの母には難しい。
高いけど、周囲にユーザの多い「mac」かと。


そういえば、昨日下北沢の喫茶店で目前の席の女性が「iPad」を開いて勉強をしていた。
どうやら、国内国空会社のロゴがタブレットのケースに印字されており、どうやらCAさんに貸与されているものらしい。
(そういえば、ボーディングブリッジにも「iPad」を見かけるようになったし、積極的に活用しているんだろうなと)
確かに、アプリの豊富さもあり「iPad」をビジネスで活用する企業は「あるある」みたいな感じだしね。


でも、型落ちのipad mini 2、16GBのsimフリー版が4万円後半だったりする。
(Facetimeが入っているのでかなりビデオ通話の設定は楽なんだけど、、、、、)
高い。

こんなこと、考えながらもシルバーウィークが過ぎていく。ああ。

買ってしまった

4年前に購入したiPod touch(iPod touch4)さん。
iPod touch4さんは、電話が(やろうと思えばface timeで通話はできるけど)できないiPhone4みたいな奴。

当方、8年落ちガラケーを使い、屋外でのネット環境は、iPod touchさんとwifiで凌いできた次第。

先日の海外旅行も、iPod touchさんに活躍してもらい、NYのスタバで電波を拾ってもらった。
(また、内臓カメラの解像度も低かったのでブログにアップしやすかったのも良かった)

でも、最近ではご老体のためネットの処理中に落ちること頻繁。
しかも、「●ボタン」の調子も悪くなってきたために、この際更新を検討。

そんなときに、「iPad mini4を発売するよ」ということになり、衝動のあまり初日に表参道のあぽーすとあで購入。
こちらが「iPod mini4御大」。

まだ店頭には並んでなかったけど、在庫はあった。(なぜか、ヨドバシは発売が1日遅れてしまったらしいけど)
通称「風呂板」も購入。風呂板だけに青色です。

なお、御大は「スペースグレイ」「64GB」「Wi-Fi + Cellular」というもの。
「Wi-Fi + Cellular」か「Wi-Fi」で迷ったけど、海外の空港でプリペイドsimを買えば、モバイルのネット環境にありつけるので前者を選択。もう野良電波を探しり、スタバやマックに駆け込まなくてOKになる。
(成田・羽田で端末をレンタルするのもアレだしね)


IMG_2189.jpg
御大鎮座、なう。

IMG_2190.jpg
御大の御尊顔。

設定を終え、iPod touchさんからのアプリを移して無事に稼動。
動きもサクサク、問題ない、快調。あぽー製品は高いけど、買って良かった。

一方で、iPod touchさんは軽かった(約100グラム)けど、御大は300グラム。やはり重い。
当方の手のひらよりも少々大きいので手から滑り落ちないように気をつけないといけない。勿論胸ポケにも入らない。
(サードパーティー製のシリコン系のカバーを買わないと。液晶シールは不都合があったたしく後日発売らしい)

まあ、何はともあれ良かった、良かった。




で、次の宿題が「実家IT化作戦ガンダムのタイトル風に.........)」

さすがに、「端末なし」・「回線なし」・「ガラケー」な実家(ガラケーの退役延期)。
PCは、年1回「筆まめ」を立ち上げるためにデカイNECのノートPC(しかもVista)があるだけ。

まあ、Simフリーのアンドロイドタブレットを買って(これが3万程度だからアポーよりもかなり安い)、データ用の安Simを付ける。
あと、gmailの設定及びビデオ通話の設定をして実家に送ろうかと思う。(勿論保護カバー付けるけど)
敬老の日も近いしね。

会社を退職した話

書類上は15日まで会社に所属していたことになる。
つまり、16日からは素浪人というか無職。

これから、健康保険・年金等々について変更の手続きをしないといけないので、諸々準備したり・調べたりしている。
で、感じるのがサラリーマンとして「いかに守られてきたか」ということ。

暫く収入はないが、住民税・健康保険・年金・会費(士業なので)等諸々を計算するとその重みがズシリと感じ始めた次第。
ある意味、怖さを感じている。

で、40歳超えの独身オッサンがキャリアを捨てて、どこか他で雇ってくれるのかと言うと、「現実甘くない」のは当然な訳で、、、。
まあ、逆に当方の認識は甘かった。

でも、退職したことについては、「仕方ないけど当然だよね」なんて考えたりしている。
本来なら、退職ついて総括というか、じっくり考えることができる時期にブログに書いてもいいのかなぁと思っているけど、今後の修正含みで書いてみても「まあ罰は無いかな」と軽い気持ちで書いてみる。

簡単に言えば、「人手不足で仕事がタイトな状況になった」→「当方、じっくり仕事をしたかったけど、タイトな状況が(仕事処理の)スピードに追いつけなくさせた」だけ。ある意味、当方の能力の問題で一笑されるかも知れない話。

でも、退職して幸いなことは「人生にオプションができた」点。
根が自由人なんだから。





Tracy ChapmanのFast car

どうでもいい話

以前書いたけれども、実家のネット環境は、かなり微妙な状況。

まあ、実家にいるのは母だし、地方だからしかたない。

そんな、母との連絡手段が携帯(ガラケー)。
しかし、最近になって母が「古くなってきたので壊れて音が聞き取りにくくなってきた」と、、、、、、、、。

そうなると、買い換えという方向になってきて、「折角だからスマホにして、母に頑張ってもらおうか」と考え、
その一方で、「もしかしたら母も老いて耳が遠くなってきたのか」と心配したりしてみた次第。

で最近、母と電話口で話していると、やはり「音が聞き取りにくい」と、念のため通話中に「携帯の上方向ボタンを押してみて」と言ってみた。

ああ、ビンゴだった。
そりゃ、音量小なら聞こえにくいわな
こりゃ、スマホは難しいね。ああ

選考というものは、、、、、、、。

最近、司法試験で試験問題の漏洩があったとの話。

報道によると「憲法分野の論文式試験の問題を漏らした」に加えて、「解答となる論文の書き方も細かく指導していた」とのこと。
さらに、「受験生の答案が、短答式でもほぼ満点だった」ということで、短答式でも疑惑が深まっているそうな。

H27年度法科大学院の定員が3,000名程度。それが、司法試験合格までは大変で、滞留(法科大学院出身者は9千名受験)した結果「法科大学院出身の司法試験合格率が2割」となる感じらしい。

まあ、あまりにも出来が良すぎたので発覚したらしい(模範解答に近似していたとのこと)。
9月合格発表だから合否判定の俎上に上がっていたんでしょうね(これを除外して、、、って事なので)
それで発覚。
これで、(漏らした側は当然だが)この受験生は目標の実現が困難になるかもしれない。
でも、自力でね、、、、、(なんて、至高の士業資格とは縁のない人間がいくものおこがましいけど、すみません)


閑話休題


少々旧い話だけど、五輪エンブレム問題。
ネット上では騒がれているが、それなりの説得力もあったり。
まあ、本人が出てこないのでよくわからないけどね。
(個人的には、空港の展開例で他人から無断引用しているので、「こういう人ね」と思ったり)。

で、選ぶ側も仕事上、距離の近い方ばかり。
当方、デザインでは外部者だけど、選考における客観性は無い様と感じた次第。
選考委員もエライ人がチョコッとでてきただけで、他は出てこない。

まあ、おかげで今いろいろなクリエーターが五輪デザイン案を発表してくれるのは楽しいけどね。



選考はいつも歪み生じやすいもの。



で、何故いつもと違う流れのブログになってしまったと言えば、エンブレム問題がクリエイター魂に火を付けた結果をUPしたかったため。
五輪ポスターど~ん。


退職前の諸々

9月15日で今の会社を退職する事に。

既に引継・退職手続きを終えていたけど、お世話になったお客さんにも失礼ながらメールにてご挨拶を送った次第。


そうなると、お客さんが気を使ってくれて送別会(正確には送別会を含んだ懇親会。メインは懇親会)を開いてくれたり、、、、。
で、店が「品位あるハイグレードスペース・エグゼクティブの社交場」というサブタイトルのお店(会員制)。1964年スタートした、旧き善き時代からの紳士の社交場といったような居酒屋。
まさに「品位あるハイグレードスペース・エグゼクティブの社交場」、まあご想像いただければと思います。

で、歓待に感謝してお開き。



また、先週は会社の先輩・同僚筋が野球観戦に誘ってくれました。
IMG_2177.jpg

IMG_2179.jpg

神宮のカープ戦。3塁側。
3塁側はかなり混んでいる感じです。

「カープ原理主義(平和教育とカープ愛を義務教育で刷り込まれた方々)」の熱意は凄い。
売店で売られていた「カルビープロ野球チップス(そう言えばカルビーも広島だったっけ)」。

さすが広島銘菓、飛ぶように売れる。


で、売店前にはこんなん、、、、、、、、、。
IMG_2178.jpg
中田も、カープファンの手にかかるとこんな目に、、、、、。厳しい。


こんな調子がしばらく続きそうです。

勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(機内編)

帰りの便はUNITEDとANAの共同運航便。現地18時ごろに出発し、日本時間の21時頃に着くはず。

しかし、これは結構ギャンブルでして、成田到着が2時間遅れると都内へのアクセスが非常に困難になってしまう。
そうなると、空港着ということに。(定時到着率が高いANA様の頑張りに賭けたい、ああ)

機材はB777-200ERだったかと。
当方懲りずに、お腹の調子が悪いのに喜んで窓側を選択。
まあ夜間成田着もありそこまで混んではいない。隣の席は空席。

ANAとの共同運航便を選んだのは、ANA運行だと「CAの給仕の質が段違いに違う」点。
これは非常に大きい。UAだとフランクだけどやっつけっぽい感じもする。
(なお、出発前にゲート付近で、CA全員が集合しミーティングやっていた。「まさに日本企業だなぁ」と思ったり、、、、、)

で、早速ウェルカムドリンク。当方はアサヒビールを選択。

暫くした後で、飯。
IMG_2174.jpg
ハンバーグ。少々固め。

で、機内エンターテイメントも日本人向けのCHが豊富で嬉しい。

で、暫くした後に到着前の食事。
IMG_2175.jpg
どうやら朝食の扱いらしい。確かにアメリカ時間では調書となるけど外は闇。
で、ビールをゴクリ。なお、食事はラザニア。

10何時間のフライトなら結構時間が過ぎるのが遅く・苦痛に感じるのだが、今回の往復は寝ていたこともあり、時間が過ぎるのが早かった気がした。

無事に成田に着陸し、入国・税関審査を終えて帰国。

IMG_2176.jpg
この一日後には外されるエンブレム。

高速バスに3,000円に乗って新宿へ。
バスでは、酩酊したオッサンが車内で騒いだ挙句、トイレで「リバース」していたというプチ祭があったが、無事新宿着。

帰宅までが、「旅行」だけど無事に帰宅して、今回の旅行はおしまい。

勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(最終日)

まあ、兎にも角にも最終日となった次第。

飛行機(JFK空港)は18時発なのでそれまで買い物しようとマンハッタンへ。

ユニオンスクエア近辺の老舗書店をん覗いたりしてみる。野球スラング辞典とかあった(30$)けど難解なので買わず(立ち読みで"nintendo slider"という項目を見つけたけど何のことやら・・・・)。

仕方ないので、時間つぶしで散策する。
IMG_2161.jpg

IMG_2163.jpg
チェルシーのフラットアイアン・ビル。薄い。

特に、買い物する目的の旅行でもないので時間が余ってしまう。
また、物価が高いのでお土産も困ってしまう。

幸い、スーパーマーケットがあるので、そこでケチってトートバッグを購入。高くても2ドル程度。
こんなもの欲しがるやつが居るのか?
とか。

お腹も空いたし、そこらへんの屋台から調達。
IMG_2164.jpg
ガチなインディカ米の上に香辛料で味付けした炒めた鳥肉をのせたもの。6ドルくらいだったか。
異様なボリウム。公園のベンチにて食べたが、灼熱の中なの大汗かきながら食べる羽目に。
(個人的には、旅を「安くすませる」ためには非常に便利だと、夏なら結構出回っているので便利)

ふう、、

ここら辺で、終わりにして空港へ向かう。
J線が、JFK空港の近くまで延びているのでそれにのって空港方面へ。

途中で、Air Trainに乗り換える。
IMG_2169.jpg

IMG_2170.jpg
JFK空港の楽しみは、「第5ターミナル(TWAターミナル)」
1960年代の建築なので、今の旅客需要を満たすには小さいが、この夢のある形は素晴らしい。
幼少期に目にした未来の建物という感じ。今回は、外から眺めるだけにとどめることに。

帰りの便は、ANAとの共同運航便なのでANAにてチェックインをする事に。
待つことしばし、チェックインして、手荷物検査・出国手続きをすませ搭乗口へ向かう。

が、そこで目にしたのは「ANAの第7ターミナルは免税品店がかなりショボイ」点。
兎に角ショボイ。まともに土産物を買う事のできる店はない。
免税店でのショッピングをお望みなら他ターミナルのJAL・AA、DELTAをお勧めする。

しかも、高い。免税エリアなはずなのにビールロング缶が8ドルもする。税込みでも市価の4~5倍くらい、糞高い。
また、どこの海外の空港にも当てはまるけど、「空港のショップの店員の態度は悪い」。
ここもご他聞に漏れず同じ。ここら辺で萎える。

しかた無いので、腹ごしらえする。
IMG_2171.jpg
先ほどのスーパーで購入したサラダとビール。

空港の飲み食いが過ぎたこともあり、お腹の調子が少々優れないまま飛行機に乗り込むことに、、、、、、。

勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(ぐだぐだ、、、4日目)

グダグダながら4日目。
明日帰りの飛行機に乗るわけで、本日が本格的な活動の最終日なり。

自然史博物館」・「メトロポリタン美術館」と来たので、最後は「MOMA公式サイト)」。

まあ、1776年建国のアメリカ。近代美術が得意分野だろうと思う。

で、地下鉄の乗換えが謎なので(というか週末は便数が激減するのが難点)、歩く、歩く、歩く。
IMG_2095.jpg

IMG_2096.jpg
多分、59stの近くだったと思う。ホコ天、バザーなう。
メキシカンとかいったようなファストフードの露天などが軒を連ねている。

で、歩く歩く。
連日の歩き行脚で、クタクタながらもなぜか歩くというチョイスをしてしまった次第。
途中で、座って休んだり。また歩き始める。

このyほうな計画性のない行程は、路上にて予期しない発見をしてしまうというオマケがもらえる。
IMG_2074.jpg
カーネギーホール」。そういえば、ここはアンディー・ウォーホルに馴染みのある場所だったっけ。(画像が粗くてすみません)

で到着。外観はこんな感じ。

受付でチケット購入。25ドルなり。

最初は、こんな写真の連続。
IMG_2098.jpg

南部から北部の工業地帯へ移り住んだ黒人のストーリーを題材にしたの特別展。とか、、、、。

IMG_2136.jpg
マッコイ・タイナーのポスター。
そういえば、若い頃の草間弥生(60年代頃?)の製作中(ヌードモデルの撮影だったが)があったり(作品もあった)。
また村上隆があったっけ。

IMG_2141.jpg

IMG_2142.jpg
ここは建築コーナー。他にも建築のミニモデルとかまあいろいろあったのでお腹一杯。

でも、一方で現実のお腹は空いてくる。
で、シャレオツな館内レストランで食事。
IMG_2138.jpg
パニーニ。15ドル程度だったか。付け合せの野菜の酢が効いていて、疲れた当方にとっては非常に美味しく感じる。
で、お会計だが、こういうお店は「チップ」というやつを払うことになってしまう。
初チップなのだけど、日本語でチップの目安みたいな紙が置かれる。
それを目安に、カードで決済し、レシートにチップの金額とサインをすればOKらしい。
(ガイドには、「18%程度が、、、」とあり、それを踏襲)

で、活動再開。

IMG_2099.jpg
早速コイツと対面する。実は、コイツは1種類だけだと思っていた。

IMG_2100.jpg
でもこんなにたくさん。

で集めてみる。
IMG_2104.jpg IMG_2103.jpg IMG_2105.jpg IMG_2106.jpg IMG_2107.jpg IMG_2108.jpg IMG_2109.jpg IMG_2111.jpg IMG_2112.jpg IMG_2113.jpg IMG_2114.jpg IMG_2115.jpg IMG_2116.jpg IMG_2117.jpg IMG_2118.jpg IMG_2119.jpg IMG_2127.jpg IMG_2128.jpg IMG_2110.jpg IMG_2134.jpg IMG_2120.jpg IMG_2121.jpg IMG_2121.jpg IMG_2124.jpg IMG_2123.jpg IMG_2125.jpg IMG_2126.jpg
UP漏れがないか調べるだけで大変。
どうやら、順番があるらしいが(その頃の画廊が、並べ方に困ってスープの発売順で並べたのが由来とか)よく解らないのでこの並びに。

IMG_2135.jpg
これも有名なヤツ。

IMG_2144.jpg
マティスの「ダンス」

IMG_2147.jpg
ゴッホ「星月夜」 凄いね。

IMG_2148.jpg
ゴッホ「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」

IMG_2149.jpg
ルソー「夢」

やはり、日本ではこのようなゴッホの絵を見る機会が乏しいけど、実物を観て素人ながら「本物は凄い」と感嘆した次第。

で、LASTはこの方の特別展。
IMG_2151.jpg
難解。残念。
でも、結構観覧者の興味を集めていた。まあ、ダコタアパートも近いしね。

で、お馴染みのクタクタになりながら宿に戻った次第。ああ

勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(だらだら、、、3日目)

3日目は、本尊のメトポリことメトロポリタン美術館。場所はここらへん。セントラルパークを挟んで、昨日の自然史博物館の向かい。

IMG_2075.jpg
で、メトポリ様正面。

「メトロポリタン美術館を1日で回るのは大変」的なガイドもあり、「明日も行こうかな」とか考えていた。
(しかも、昨日動き回ったせいで足が痛い。ああ)

IMG_2076.jpg
無慈悲な看板。「今日は金曜日、9時まで開けているぜ、お前ら得したな、ヒャッホー」的な感じ。

で、チケット売り場へ。
微妙な、メトロポリタン美術館は「大人1枚25ドル」だけどあくまでも推奨額で、「いくらでもOK」ということ。
25ドルでいいのに、このせいで窓口とコミュニケーションをしないといけなくなる。
実際に、窓口の係員が日本人と察して「25ドルジャナクテモダイジョウブデス」とカタコトの日本語で提案してきた。
まあ、当方普通の社会人だし、、、、、25ドル支払った。

で手にしたパンフレット見たら。

1kai.png
1階

2kai.png
2階・3階

chika.png
地下1階

なんじゃこりゃぁぁぁぁ
部屋が多すぎる。昨日歩き回ったせいで脚が痛いのに、、、、。

まずは、1階の茶色いところ:エジプト文明からスタート。
まあ、所蔵物のボリウムが凄い。
どうやら、吉村作治センセが何十人もいるっぽいレベル。エジプトのブツをよくもまぁこんなに持ち帰ってきているなと、ある意味感心した次第。

IMG_2077.jpg
良い壷

IMG_2078.jpg
デンドゥール神殿

CIMG0067.jpg
同じく、デンドゥール神殿

美術館ながら、博物館みたいな状況(The Metropolitan Museum of Artなんだけど)
やはり、アメリカ美術だけとなると規模が小さくならざるを得ないし(得意分野はMOMAにあるでしょうし)、それなら外国のものも集めて、さらに博物館に所蔵すべきものも集めちゃえ。って感じ。

IMG_2079.jpg
踏まれているのは亀さん。日本では邪鬼が定番。
しかし、亀さんを踏みつけるは、嫌がる鳥を抱え込むや、暴れん坊。

CIMG0068.jpg
何故だか、ライトってわかる構図。

IMG_2082.jpg
良い壷だ

IMG_2083.jpg
ここにもギャン

IMG_2085.jpg
ギャンでジェットストリームアタックできるとは、胸アツ。

IMG_2086.jpg
戦場ではアドレナリンが高まるのでしょう、ええきっとそうです。

IMG_2089.jpg
ゴーギャン「水浴するタヒチの女たち」

IMG_2092.jpg
フェルメール「少女」

IMG_2091.jpg
ゴッホ「自画像」

IMG_2093.jpg
ジョージワシントン。

IMG_2090.jpg
白隠「悳」。白隠がこんなところにあるとは。数年前のBunkamuraよかったなぁ。

絵画のボリュームも凄かった。名品集はコチラで。

しかし、これだけ回るともう脚が痛い。
クタクタになりながら宿に戻る羽目に。

チープな晩御飯。
IMG_2094.jpg

ああ。


勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(そのまま流され、、、さらに苦悶が、、、2日目後半戦)

少々踏んだりけったりなので、気分転換でマイナーリーグを見にいくことに。

場所は、コニーアイランド。ここも夜間の治安はよくないらしく、ナイターながらサクっと観て退散するつもり。
情けないながら、急にビクビクし始める。

ブルックリンサイクロンズは、メッツ傘下のショートシーズンA級。レベル的にも殆どルーキーに近いクラス。

IMG_2068.jpg
マイナーながら客入りも上々。

IMG_2072.jpg

CIMG0061 - コピー

CIMG0062 - コピー
しかし、球場は総人工芝。砂の部分はマウンドとホーム付近だけ。これは少々残念。

で、腹ごしらえ。
IMG_2071.jpg
お約束のホットドッグ。
実は、このホットドッグはコニーアイランド名物の「ネイサンズ」のもの。
「ネイサンズ」といえば、小林名人でおなじみのアレ
ある意味、胸アツ。

味は、普通のホットドック。おいしゅうございました。

試合は、さすがA級。選手のレベル差が大きく、ストライクがまともに入らないのとか、一方でビッチリ封じ込める相手エースとか差がばらばらでした。守備はそんなに悪くなかった。
荒削りでいいから、もっと面白い試合だったらよかったけど。

試合自体が7時スタートなので、夜遅くなるとさすがに怖いので、9時半(7回)には退散した次第。

そんなこんなで2日目も終了。

勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(そのまま流され、、、さらに苦悶が、、、2日目前半戦)

2日目。

今回の旅行って、特に目的無く、思いつきで「NY行こう!!」なんて軽い感じで行動した次第。
次に、思いつきで「ヤンキースの試合を観よう」なんて思ったけど、昨日無事達成。

そうなると、残りは「美術館めぐり」となる。
メトポリ・MOMA・自然史博物館、、、、、、、。

という訳で、本日は自然史博物館
場所で言うと、セントラルパークの西。アッパーウエストサイドとか言うところ。
「アッパー」なだけに高貴な感じもしたりする。

IMG_2029.jpg
駅はこんな感じ。
IMG_2030.jpg

あっぱーな環境
IMG_2032.jpg
あっぱー
IMG_2033.jpg
あっぱっぱー
IMG_2034.jpg
この手のマンションには、1階に必ずセキュリティーがおるし、落ち着いた感じからも「お金持ち地域だねぇ」と思ったりする。


で、自然史博物館。
IMG_2035.jpg
IMG_2036.jpg
IMG_2038.jpg
IMG_2037.jpg
映画「ナイトミュージアム」シリーズでもお馴染み。
個人的には「マンハッタン」・「イカとクジラ」の記憶があったり。

IMG_2039.jpg
正面フロントの中には巨大な首長竜が、、、、凄いね。
首長竜の脇にチケット売り場があり、22ドルを支払う(日本なら常設展で数百円だろうが、何せ規模が違うから、、、、)。

まあ、兎に角いろいろな収集品があるので大変だったり。
動物、植物、先住民文化、宇宙、地学、気候、岩石等、、、、広い。

IMG_2042.jpg
残念ながらヘイデンプラネタリウムは、休み。一応、中に入ることができ、ビッグバンの解説らしいプログラムの上映は見ることができた。

IMG_2044.jpg
月での私の体重はコレくらいらしい。11.7Kg程度。う~ん微妙。

IMG_2045.jpg
直近の地球イベント。地震とか噴火とか。この当時、桜島の噴火危険性が高まっていたので非常に興味あったヤツ。

IMG_2046.jpg
直近の台風。

IMG_2048.jpg
TED2

IMG_2049.jpg
「TED」だらけ。

CIMG0053 - コピー
象だらけ

CIMG0057 - コピー
「巨大クジラ」

CIMG0059 - コピー
映画「イカとクジラ」で有名なヤツ。この付近は真っ暗で(深海という設定もアレだけど)、ストロボ撮影で判明。
やはり不気味だね。

IMG_2052.jpg
海洋生物。

IMG_2051.jpg
ここらで昼食。フードコートにてこんなんでも10ドルくらいの飯だったかと。高い。

IMG_2059.jpg
「蚊」

IMG_2060.jpg
いろんな事が同時におきてしまったやつ。盛りすぎ。

IMG_2061.jpg
「志村、後ろ後ろ、、」

IMG_2063.jpg
宝石コーナー

IMG_2065.jpg
ルパンなら掃除機で吸い取ったはず。


と、ここら辺で「地下鉄1週間券」をなくしたことに気がつく。
30ドルで1週間のり放題なので、5日間でも十分モトがとれるということで購入。2日目に紛失とは痛い。

まず見つかることはないと思ったけど一応、警備ブースに連絡。
場所は、「ナイトミュージアム」でおなじみの場所。
警備員は、「もう少し後に連絡が入るかも」と。
気を取り直して、散策する。

そんなこんなして、歩いていると、黒人が私を凝視しながら近づいてきて私にぶつかってきた。
奴はメガネを落としたらしい。
その後暫くして奴は私に声をかけてきた。
どうやら「メガネが壊れた。299ドルした、修理費払え」的ことをふっかけてきた。
でも、そのメガネは「ノーブランド」「プラスチックレンズ」と1,000円もしないやつ。
しかも、そのプラスチックレンズにヒビが入った程度だが落とした衝撃で付くほどのものではない。
しかも奴がぶつかってきただけだ。

最初は、何が何だかわからなかったが、「ガイドブックにある、詐欺の見本だ」と思い、「金無いぞ」と言ったらさっと消えていった。
どうやら、「脈なし」と判断したらサッと消えて次の獲物を探すのがやり方らしい。

アジア系外国人(特に日本人)の独り旅はカモにしやすいのかもしれない。
今まで、或る意味日本人の感覚でニューヨークを歩いて、何もなかったので調子に乗っていたのかも知れない。甘かった。

再訪した、警備ブースに立ち寄り、カードが届いていないのをきき、博物館から立ち去る。ああ




勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(そのまま流され、、、さらに苦悶が、、、初日後半戦のこり)

しかし、コレからが、ザ・ヤンキースみたいな面々。

IMG_1984.jpg
"喧嘩屋"ビリー・マーチン。オーナーと対立して5回クビなった
監督室の前には、以下の張り紙があったらしい。
Rule #1 The boss is always right.(第1条 ボスは常に正しい)
Rule #2 When the boss is wrong, refer to rule #1.(第2条 ボスが間違っていると思ったら第1条を見よ!)(「出展:wiki」)
まさに、その混乱ぶりが「ブロンクス動物園」と称された時代の主人公j。

で、大物!!
IMG_1999.jpg
大オーナー。ジョージ・スタインブレナー。或る人曰く、「米版ナベツネ」。
現場介入は当然。選手批判も当然。監督解任は日常茶飯事。ファンからも忌み嫌われたボス。
マフィアをつかって、デーブ・ウィンフィールドの移籍を邪魔したお蔭で、2年間球界追放となった。

ちなみに、デーブ・ウィンフィールドはヤンキースで大活躍した殿堂入り選手。しかし、上記のことがあるのかレリーフは無かった。


そうこうしているうちに、スターティングラインナップの発表。
IMG_2009.jpg
アウェーのラインナップ紹介時には「スターウォーズ:帝国のマーチ」が流れはじめ、右翼外野は大音量のブーイングを始める。
一方、ホームのラインナップ紹介時には、「スターウォーズ:メインテーマ」が流れ、大拍手が起こる。


実は、一番安い席(11ドル)でブリーチャー(外野席で背もたれのないベンチシート)。
兎に角、コアな応援団の真ん中に陣取ってしまった。老年のオヤジにはヤンキースの刺青があったり、居心地は非常に悪い。

目の前のオッサンは、いろいろな不ファンから声をかけられ、さらに親子連れが記念撮影している。
みんな身内みたいなものなのね。ベイスターズの帽子を被った当方、やはり居心地が悪い。

試合開始とともに、この目の前のオッサン(本当に目前の席)が選手の名前をコールし始めた。


(何だ何だと思い、動画を撮影したがサイズがでかいので、後日発見したYoutubeの動画を参照ください)
「おいおい、何だ」と怖くなったが、どうやら「Roll Call」といって、ヤンキースの選手の名前をコールするもの。
このオッサンはBald VinnyことVinny Milanoさん。名物なのね、どうりで記念撮影するファンがいるのね。

さらにメッツのTシャツを着た2人組が、ブリーチャーに来たのを見つけると右翼側がいっせいに大ブーイング
「Go back Queens」って野次が飛び交い、警備員がメッツ2人組を囲う。難なく退散。

ここら辺で、身の安全を案じてベイの帽子を脱ぐ。
IMG_2017.jpg
まあ、野球の聖地みたいなところで、セリーグ最下位(当時)のベイスターズの帽子は失礼極まりない気もする。
(しかも、アストロズも星のマークだから間違われるとアレだし、、、、、、)

試合は、ピネダが序盤に崩れ6-2で負け。エース格のマクヒューも素晴らしかった。

試合も終わり、宿に戻る。
IMG_2024.jpg
晩飯は、宿の近くのピザ屋。5ドル程度で空腹を満たすことできるのでありがたい。

初日なのに、アグレッシブに行動したツケ(疲れ)はこれから出始めることに。

勢いで「ポチッ」とクリックしてしまったために、、、、、、(そのまま流され、、、さらに苦悶が、、、初日後半戦)

宿は、マンハッタンではなくブルックリンのMarcy Ave駅
地図ではここらへん

荷物を預かってもらい、初日後半戦を開始。

まだ、9時30分くらいでしたが、ここからヤンキーススタジアムへGO!!(地図
(どうやら「初日は、ゆっくりする」のが海外旅行の鉄則らしいけど、老体に鞭打って掟を破る)
というのも、旅行期間中ヤンキーススタジアムでの試合はこの日だけ、仕方ない。

宿からスタジアムまで地下鉄でで50分くらいだったか。そんなに遠くない。
で、到着。
IMG_1967.jpg

駅を出ると。
IMG_1968.jpg
ヤンキーススタジアム。建て直してはいるけど、野球の聖地みたいなところか。

まずは、Wifiの電波を捕まえにマクドナルドで食事。
IMG_1969.jpg
燃料補給をして、球場へ。

IMG_1971.jpg

IMG_1970.jpg
まだ、アストロズの練習中。

それもひと段落したようなので、球場内を散策すると行列が、、、、。
どうやら試合前には、バックスクリーン下がメモリアルパークになっていて、往年の名選手のレリーフなどがある。

IMG_1973.jpg
行列。

IMG_1975.jpg
バーニーウィリアムス。最近まで活躍した俊足強打の名選手。

IMG_1986.jpg
ドン・マッティングリー。お気に入りの選手でした。

IMG_1987.jpg
マリアノ・リベラ。カッターを武器にしたヤンキースの守護神。

IMG_1976.jpg
ジャッキー・ロビンソン。近代大リーグで初の黒人大リーガー。(ちなみにヤンキースの選手ではないけど全球団にとって欠番扱い)

IMG_1977.jpg
ルー・ゲーリック。言うまでもなくレジェンド。

IMG_1978.jpg

ベーブ・ルース。野球の神様

IMG_1979.jpg
大ディマジオ。大ディマジオって訳は「老人と海」でしたったっけ。

IMG_1980.jpg
ミッキー・マントル。善玉

IMG_1981.jpg
ヨギ・ベラ。パンチョ伊東との交友が厚かった。

IMG_1983.jpg
ロジャー・マリス。悪玉。

IMG_1988.jpg
ジョー・トーリ。名将。

IMG_1985.jpg
ジャッキー・ロビンソレジージャクソン。ミスターオクトーバー。当方の大リーガーのイメージな人。
プロフィール

ヘモグロビンビンおやじ

Author:ヘモグロビンビンおやじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR